中学受験を成功させる算数の戦略的学習法

受験書籍

中学受験を特集した雑誌の記事、大手中学受験予備校が発行しているフリーペーパーなど、受験に関する情報は色々あります。
その中で、この本が特殊で異彩を放っていると思うのは、かなり具体的な内容なのです。

全てにおいてとても具体的で、小3でやっておくこと、小4からどんな参考書を使っていくのか?めざしている学校、難易度別にオススメの参考書・問題集など、評価の高いものを列記、解説しています。
これらの本は決して書店では、「良い場所」に置かれているわけではなく、大手書店で下の隅の方に1〜2冊置かれているだけのもの、しかも体裁は古くさく魅力的な本文、表紙でもないものだったりすると、一切気づかずに終わるかもしれないと思います。

塾に行くなり、親塾で行うにしろ、受験は行わないにしろ、この本は大学受験までの経験を元に提案されているので、一度は軽く目を通しておいたら良いかもしれません。
ただ予備校のことを盲目的に従っていくのも手だと思うので、絶対浮気しないで塾以外のことは一切やらないと言う人は逆に読まない方が良いと思います。色々目移りしてしまう人には、一度目を通しておくと何らかの基準になると思いました。