早稲田アカデミーの「春のチャレンジテスト」

テスト・模試

先日、早稲田アカデミーの「春のチャレンジテスト」を受けさせてきました。
個人的にはあまり知らなかったのですが、校舎数はかなり多く、中学受験から大学受験までカバーしている予備校で、名前の通り早稲田に強いとの噂です。
スクールカラーは、体育会系らしく、実際先生も名前を呼び捨てにするし、元気な先生が多いです。
小学生低学年は目的意識を持てない子供も多いから、この辺は微妙なところですが、ハマっている子はハマっているようでした。
テキストには四谷大塚の予習シリーズを使っている学校ですが、オリジナルのものも利用しているそうです。低学年は予習シリーズは使わないで独自のもののようです。

うちの子は、初めて受けるテストはかなり悪い事が良くあるのですが、
未だに新しい所では、ダメ。頭使っているのかと、とても気になります。

テストの傾向は変なひねりもなく、普通の問題。
普通に勉強すれば全問正解も無理じゃないと思うほどですが、
少々問題数が多く、解ききれない人が出るようになっているようです。
点数も100点満点で感覚的に分かりやすいです。
平均点は70点ぐらいになるように作ってあるようですし、
記述などの特定の問題に配点を大きくする日能研に比べるときわめて分かりやすいテストだと思います。

・・・なのにうちの子は惨敗。
しかも、たまたま前日にやった算数の類題も間違い、たまたま先日に復習した漢字も間違い。
もうこれはどうして良いのか分からない状態です。